レンズ構成
1896年にカールツァイスのパウル・ルドルフ博士が設計した対称型レンズ構成が「プラナー」。たぶん最も成功を収め、そしてその後のレンズ設計に最も影響を与えたレンズ構成でしょう。収差補正を施しやすく汎用性が高い特性を生かして当レンズの原型となるマクロプラナーは開発されました。
11枚のレンズを9つのグループに搭載したプラナー
異常部分分散性の特殊ガラス製レンズ
"Floating Elements"設計

すべてのレンズにはZEISSの T* 反射防止コーティングが施されています。
それぞれのレンズに最適化したコーティングレイアウトにより、フレアやゴーストの発生を極限まで抑えています。ZEISS T*コーティングに加え、レンズのエッジ部分には繊細な手作業による墨塗りがなされています。また鏡筒内には内面反射を抑制するための特殊な表面処理やフレアカッターを設け、不要な反射を防止しています。さらにカラーフリンジを最小限にとどめるため、異常低分散ガラスを有効に採用いています。

収差バランスの最適化により得られる立体感とグラデーション。
どこまでも粘るハイエストライトと限界まで残すディープシャドー。高画質への飽くなき追求により未来がどのような展開を示そうとも、ZEISSのMilvusレンズはあらゆる場面において最良な選択となるでしょう。

精確なピント合わせを可能にする大きな回転角
レンズのピントをマニュアルで合わせるということは、自分の指先で繊細に主題をコントロールできるということを意味します。ZEISSMilvusレンズは、精確なピント合わせを可能にする大きな回転角を有しています。最高レベルのフォーカシング・メカニズムとレンズ鏡筒に刻まれたメートルおよびフィートによる距離表示が、撮影者のクリエイティブな挑戦をサポート。また、静かで滑らかな絞り(ZF.2マウントはデクリック機構付き)と、大きなピントリングの回転角はビデオ撮影にも最適といえます。

人間工学に基づいたデザインは、撮影者の疲労と手ブレを軽減
総金属製の鏡筒を持つレンズは、絞りやフォーカシング操作における高い質感と満足感を得ることができるでしょう。ZEISSMilvusレンズは、美しい外観と優れた操作性だけでなく、内部にはホコリや水滴の侵入を防ぐ特殊なシーリング構造が採用されており、過酷な条件下での撮影に対しても配慮されています。


重量 1210g
マウントニコンF
単焦点レンズ 望遠 ※中望遠
焦点距離(単焦点) 85mm
開放F値1.4F値
その他
絞り値 F1.4-F16
撮影距離 0,80m-無限
レンズ構成(枚/群) 11/9
画角(対角線/水平線) 29°/24°/16°
最近接撮影範囲 303mm×201mm
フィルター径 M77×0.75
サイズ(キャップも含む) 119,0mm
新着の無料素材

2020特集 ブラック【送料無料】 ZF.2(CPU付きニコンAi-S)マウント 1.4/85 Milvus Zeiss Carl-カメラ用交換レンズ

新着のLINEスタンプ

2020特集 ブラック【送料無料】 ZF.2(CPU付きニコンAi-S)マウント 1.4/85 Milvus Zeiss Carl-カメラ用交換レンズ

新着のイラストレーター情報交換

新着のイラストレーター情報交換